持っている自尊心を曝け出したら、実はこんなにも痛い奴だったと気づくかもしれない。『キング・オブ・コメディ』

  カテゴリーはコメディ?それとも、ホラー?

 

あらすじ

コメディアンを目指すルパート・パプキンは、有名コメディアン、ジェリー・ラングフォードを熱狂的ファンの群れから救い出し、強引にコネをつける。「今度事務所に自演テープを持って来い」と言われて、有頂天。もうスターになった気になり、昔から好きだった黒人女性リタにも接近するが……。

キング・オブ・コメディ - Wikipedia

 

「タクシードライバー」「レイジング・ブル」「グッドフェローズ」などなどで有名なマーティン・スコセッシ監督 × ロバート・デ・ニーロ

 

「キング・オブ・コメディ」も「タクシードライバー」同様、見た後に後味の悪~い感じが口いっぱいに広がる、クセのある内容になっておりました。  

 

 映画を見始めた当初は、売れないコメディアンを演じるデ・ニーロが、どんどん有名になっていくような、ありがちなサクセスストーリーだと思っていたんです。(まあ、ある意味サクセスストーリーでしたが。)

 

が、全く違いました。

 

この映画が教えてくれたこと

・自分自身を客観的に見えない恐ろしさ。本当は痛い奴だと気付かない。

・妄想と現実の違いが分からなくなっている恐ろしさ。

・罪を犯したのにも関わらず、一夜のヒーローとなって賞賛され、アメリカンドリームを成し遂げるエンディングに、アメリカ社会の皮肉。

ロバート・デ・ニーロの演技は凄い。

 

1回しか観てないですが、強烈に印象に残る映画です。

 

 

ダラダラと感想(ネタバレあり)

ルパート・パプキン(ロバート・デ・ニーロ)は、数々の痛い発言で、もうやめて!と言いたくなってしまうくらい痛々しい映画でした。

 

パプキンは30代でコメディアンを目指ものの、実際は無職・実家暮らしのニート。彼自身はコメディアンで成功することを確信していますが、世間からは見向きもされていない現状を認めようとはしません。そのくせ自尊心が強く、自分を否定されると、怒りを向きだしにして相手を罵倒します。

彼の妄想は次第にエスカレートしていき、遂には誘拐事件を起こしてしまうほど狂気的になっていきます。

 

・自分自身を客観的に見えない恐ろしさについて。

パプキンは妄想癖があります。私もしょっちゅう妄想します。ええ、そらもう。

パプキンのコメディアンへの憧れや、妄想も変なことではありません。

ラングフォードのトーク番組セットを自宅に再現してしまうなんて、

まだ、熱狂的なファンレベルで許容範囲ではないでしょうか。

ただ、彼の盲点は自分が間違っているなんて、一ミリも思っていない所です。

ラングフォードの秘書から下積みが必要だと言われても聞く耳を持たず逆に炎上してしまう、ラングフォードへのストーキング行為を正当化するなどの迷惑行為。熱烈なファンでとどまっていればいいのに。。。

自分を異常者だと分かっていないのが見ていて痛い点です。

 

・妄想と現実の違いが分からなくなっている恐ろしさ。

現実を受け入れられないがゆえ、何もかも自分の思い通りに事が運ぶ妄想の世界に逃げ込んでしまうパプキン。

他人の意見・評価なんてどうでもよくなってしまい、私欲を満たす為暴走し始めます。

結果的にラングフォードを誘拐し自分を番組に出すように脅しますが、場合によっては殺人まで引き起こしそうなほど狂気的。

妄想がここまでくると事件です。

ただ、ここまでいかずとも私自身も同じようなことがあります。

例えば仕事で失敗して、負け犬状態で泣きながら家に帰ったとき、

趣味の映画を見てその事実を忘れようと、違う世界に浸ります。

現状は何も変わっていないのに!

次の日の朝に、あぁ朝が来たと現実に戻るのですが。

何かに逃げるのは、自分はなんだかんだ大丈夫だという甘え

時間が解決してくれるという安直な考えなど様々ですが、

なかなか自分が悪いなんて受け入れられない証拠。

パプキンも他人事に思えなくて怖かったですね。

 

・罪を犯したにも関わらず、一夜のヒーローとなって賞賛され、アメリカンドリームを成し遂げるエンディングに、アメリカ社会の皮肉。

エンディングに関して、色々言われていますが、私は憶測を除き、ありのままで解釈します。

誘拐事件を起こし、一夜限りで番組に出演するパプキンですが、それから状況は一変し、一躍彼は人気者になります。

がこれをサクセスストーリーだ!と思う人はほとんどいないのではないでしょうか。

むしろ、罪を犯してしまったのにも関わらず、それを受け入れてしまうアメリカのショウビジネスを皮肉っているように、私には見えました。

実際にアメリカのアクターや歌手、アーティストはドラッグや、セクシュアルな画像、ゴシップが毎日のように溢れる世界です。私はそんなゴシップが好きですが。

才能があるから活躍できる、のは納得だけど、犯罪や中傷行為ってそんな簡単に許されて良いのかと思うようなこともしばしば。

 

ロバート・デ・ニーロの演技は凄い。

演技を演技と思わせない。

パプキンは本当はとても優しく、少年のような純粋な心の持ち主です。

事件を起こしてもなお、何の悪気もなさそう終始笑顔を絶やしません。

やっと自分の夢が叶った!と言わんばかりです。

彼にとっては夢(妄想)がやっと現実になった。

そんな猛進する彼を自然に演じた ロバート・デ・ニーロはやはり凄いです。

コメディ・アクション・ヒューマン・ラブストーリー・ヒストリーなどなど、出演映画が多方面な彼は本当にカメレオンですね!

 

 

気になったフレーズ 

 

Better to be king for a night than schmuck for a lifetime.

 ドン底で終わるより、一夜でも喜劇王になりたかった。

 

※単語

〇schmuck (シュマック)

1 *1 (不愉快な)ばか,まぬけ,低能,うすのろ,変人

2*2 陰茎,ちんぽ.

by schmuckの意味 - goo辞書 英和和英

 

例:I feel like a schmuck. (自分が)馬鹿みたい

by schmuck: 女性と食事をした直後に女性が帰ってしまったときに感情 - 植山周志のぶっ飛ぶブログ

 

〇lifetime

1 (n) 生涯.

2 (adj) 生涯の,終生の.

by lifetimeの意味 - 英和辞典 Weblio辞書

例:He made a great fortune in his lifetime 彼は一代で巨万の富を得た。

 

※文法

better A than B (BよりAのほうがましだ。)

 

直訳:一夜の王になることは、一生まぬけでいるよりましだ。

 

 

 

 

 

 

 

*1:

*2: