読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子の恋後ゴコロを鷲掴み「あと1cmの恋」※ネタバレ

洋画

映画『あと1センチの恋』公式サイト

あらすじ

ロージー(リリー・コリンズ)とアレックス(サム・クラフリン)は6歳のころからの友達同士。自分たちの住むイギリスの田舎町を出て、アメリカのボストンの大学へ進学しようと約束し、二人とも合格。ところがロージーは、クラスの人気者クレッグと軽い気持ちで関係を持ち、身ごもってしまう。アレックスはボストンへ移り、ロージーは一人で子育てに奮闘するが……。

シネマトゥデイ 

 

アン・ハンサウェイ主演のワン・ディと少し似ているような。

ストーリーは王道のラブストーリーではないでしょうか?

主に女性向きな映画だと思います。

 

この映画の胸キュンポイント

・幼馴染との恋。

・好きって言いたいけど言えないもどかしさに共感出来る。

・ありのままの自分を受け入れてくれる関係。

・お互いの付き合う相手がダメ男・ダメ女すぎる。

 

ダラダラと感想

・ 幼馴染との恋

幼馴染との恋はどの国でも王道みたいですね。

この映画の主人公ロージーとアレックスも向かいの家に住む幼じみ 。

しかも美男美女!!お互いそれを飾らないのがいいですよね。こんなお似合いな2人が付き合わないのが不思議なくらい。

レックスが「医者」というお堅お仕事を目指しているのに、気取ってないのも良いです。

ロージーが可愛いしチャーミングですが、さばさばしていて逞しい、女子から好かれるタイプですね。

 

・好きって言いたいけど言えないもどかしさに共感出来る。

まずタイミングを逃したのは、ロージー18歳の誕生日祝いにアレックスと2人でクラブに飲みに行った時のこと。2人はこの時、キスをします。お互いが意識し合っていて「好き」なんて言えないから、この出来事は恋愛に発展するかもと期待したアレックスですが、ロージーはウォッカをを飲みすぎてこのことを覚えていません。一方アレックスは覚えてる。

ここから歯車が狂ってしまう訳ですが、うまい具合にタイミングが合わない12年がすぎてしまいます。

ロージーから「好き」と言わないのは、言われるのを待っているように思いました。

ダンスに誘われていた時も、アレックスが別の女の子を誘いたいと言ったので、それを受け入れたし、

彼女が出産後にアレックスに会いに行った時も、何か特別な事があると期待してアメリカへ渡ります。が結局、残念な結果だった。彼女はいつも全力で彼を愛していたし、その姿が素直で可愛い。 

やっぱり女性は男性から誘われたいし、求められたいですよね?

 その気持ちに共感できる女子の気持ちをがっちりキャッチ。

 

だけど、男性は目の前の美人さんに迫られたら、折れるんでしょうかね。ボソッ

 

・ありのままの自分を受け入れてくれる。

若気の至りで、若くしてシングルマザーになったロージー。

男性は逃げれば関係ない話ですが(モラルを疑いますが)、女性には逃げきれない問題です。

望んでいない妊娠ならなおさら。

彼女は大学への進学も決まっている状態で、将来の夢もあったはずなのに...とまさに絶望します。

結果的に彼女は子を育てることになり、母親として喜びを感じ始めます。

でも、他人、特に学校の人たちにシングルマザーである自分を知られたくないし、どう思われるか不安になるのは当たり前。

ましてや、アレックスは特別な存在ですから絶対に知られたくない。

のに、べサニー!なんて口が軽いんだ。べサニーのお喋りでアレックスはその事実をしってしまいます。

 

でも、彼は優しい!

大学在学中にアメリカから一旦地元に戻ってきて、ロージーの事実を理解してくれる!

ベッドでロージーと娘とアレックスの3人で話していた時、アレックスが父親代わりになるよ」といった時、私は胸キュンしました!

ロージーは育児が大変な時だから、そんなこと言われたらめっちゃ嬉しいはず。私もこんなパパだったらいいなって妄想させられちゃいましたね。

 

ただ、後に大学で出会った美人(名前忘れましたが)に子供ができたことをロージーに告げた後の2人は喧嘩をします。字幕では言っていませんでしたが、英語では「生まれてくる子に寂しい思いはさせない。父親も母親もいるし。」とシングルマザーのロージーにグサリと刺さる言葉を言い放ちました。このときはだいぶがっかりでしたね。ボソッボソッ

 

・お互いの付き合う相手がダメ男・ダメ女すぎる。

お互いくっつけない寂しさからか、恋をします。

が、相手がダメ男・ダメ女なんですよね。

 

ロージーの娘の父親であるグレッグは、ロージーの妊娠を知ってから逃げました。後に、関係が戻り2人は結婚します。

最初は順調だったものの、ロージーの父親の葬儀で酔っ払い、親戚の悪口。ないですね。

さらに、グレッグの不倫が発覚して、結局離婚します。ありえません。

 

レックスの大学時代に出会った美人は、結局違う人の子供を身ごもっていたのに、アレックスに嘘をついてましたし。

べサニーに関しては、結婚したてなのにって同情すべきですが、わがままな言動が多いのでいいでしょう。

 

だめ彼氏、彼女を見ていると、やっぱり誰と結ばれるべきかが明確で、主役を引き立ててくれますよね笑

 

 

ただ、感想を書いてるうちに一番のダメ男はアレックスだと思えてきました。

ヴァージン卒業してから大学進学前は性のことしか頭にない。

ロージーが泣き顔でレストランに来ていても全然気付かない。無神経では?

ロージーの気持ちは知っているはずなのに。思わせぶりな態度ばかり。

可愛い女の子に迫られると断れなくて、都合のいい時にロージーに連絡するアレックス。

大事な時は何故か手紙。もし手紙でなかったら、無駄な結婚式なんてなかったのに。 と。

この想いは心の隅に置いておこう。

 

ティーン映画と言われていますが、幅広い女性に女性に受け入れられる王道ラブストーリーでした。

 目の前にある恋は相手に伝えて逃してはだめですね。

 

 

 

あと1センチの恋 [DVD]

あと1センチの恋 [DVD]