『マイ・インターン』から学ぶ、理想の部下のあり方。

昨年2015年に放送された、「マイ・インターン」。

自身が「プラダを着た悪魔」で部下としてこき使われたアン・ハンサウェイが、今度はアパレルのECショップを経営するバリバリのキャリアウーマン役に。

 

映画『マイ・インターン』オフィシャルサイト

 

あらすじ

家庭を持ちながら何百人もの社員を束ね、ファッションサイトを運営する会社のCEOであるジュールズ(アン・ハサウェイ)は、女性なら誰しもがあこがれる華やかな世界に身を置きながら、仕事と家庭を両立させ、まさに女性の理想像を絵にかいたような人生を送っているかに見えた。しかし、彼女に人生最大の試練が訪れる。そんな悩める彼女のアシスタントとして、会社の福祉事業として雇用することになった40歳年上のシニア・インターンのベン(ロバート・デ・ニーロ)がやってくる。人生経験豊富なベンは彼女に最高の助言を与え、2人は次第に心を通わせていく。やがて彼の言葉に救われたジュールズは、予期せぬ人生の変化を迎える……。

マイ・インターン | Movie Walker

 

この映画が教えてくれたこと

・ベン (ロバート・デ・ニーロ)の部下力

・かっこいいママとして生きること

 

ダラダラと感想(ネタバレあり)

・ベンの部下力

どんなときもポジティブであること。

妻を亡くして2年。気分転換に70代でシニアインターンを受けることに決めたベン(ロバート・デ・ニーロ)。

ベンは老後はゆっくりと過ごすこともできたはずですが、偶然見つけた求人にチャレンジすることに。

その求人をだした会社は”ネットショップ運営会社”という全くの未経験分野。

異業種にチャレンジするって勇気がないとできません。まずここが凄いです。

 

そして見事に!インターンに合格したベンですが最初は全く仕事をもらえませんでした。

彼の仕事はCEOジェールズ(アン・ハンサウェイ)直属の部下で、彼女の指示を待つものの全く音沙汰なし。彼女から無視される状況が続きます。

 

そんな状況でも、ベンはネガティブに考えず、行動あるのみ!と前向きに仕事に取り組みます。同僚の荷物配りを手伝い等の雑務、資料のアドバイス、恋愛相談まで進んで行います。次第に彼の紳士的で的確な対応は次第に周りに認められます。

仕事が来るまでで待つのではなく、簡単な仕事でも自分で取りに行く。って案外身近なところにあるのかもしれないですね。

 

超低姿勢。

会社にいる年寄りキャリアの長いベテランさん。そんなに意地悪な人でなくとも、年上だから喋りかけ辛いってことありますよね。

 

でも、70代のベンは20代の若い同僚と仲が良い。

彼は紳士的で経験豊富なので、教えてもらえることが多いんです。教えてやるじゃなくて、これにはコツがあるんだよと上からではなく、同じ目線で話してくれる。ベンは自分を”みんなのおじいちゃん”と自分を語っていましたが、まさにピッタリな言葉。何でも話を聞いてくれる安心感のある”おじいちゃんキャラ”。こんな人が会社にいてくれたらいいな、と思えます。

 

上司の絶対的味方になる

ジェールズは、キャリアも家庭も手に入れた"全てを手に入れた女"と呼ばれています。

しかし実際は、家庭と好きな仕事を両立することが出来ず、娘の保育園の行事なんかも忘れてしまう始末。

ジェールズは自分のことでいっぱいいっぱいですが、そんなときにベンは彼女の相談に親身に耳を傾け、アドバイスをします。絶対的に味方になってくれる、ベンはもはや親友の関係に。もう少しロバートデニーロがもう少し若かったら、ラブストリーになっていたかもしれませんね。

 

ベンがFacebookアカウントを人生で初めて作った時に、プロフィール欄に”尊敬する人は”と聞かれ、彼は上司のジェールズと真剣に答えました。ジェールズはベンに代わって、彼のプロフィールを作ってあげていたので、そう言われて"やめてよ"なんて言いますが、自分へ敬意・好意を示してくれる人がいると分かるのは嬉しい発見です。

尊敬できる上司が助けて欲しい時にそこにいる、そして最前の答えを一緒に探してくれる姿勢。こんな頼もしい部下ですね。

 

一方で、当初は彼も疑われていました。彼がジェールズを送迎中、彼からプライベートな質問をされたジェールズは当初違和感を感じて”ベンはめざといから運転者から外して”と言います。その気持ちも分かります。経験豊富なのはいいのですが、時折考えて意見しないところとか、何考えてるのか掴み取れません。何か自分を見透かされているような気がしてしまいます。また、全く関係ないですが、あの「デニーロ」なので、いつ狂気になってもおかしくありません。笑

 

・カッコいいママとして生きる

ベンから学ぶこともありますが、女性としてはこの映画のもう一つの魅力はジェールズのように、働くママですかね。

女性だからこそ気づく気遣いができるジェールズは、働いている時が一番輝いています。女性が家庭に入るのはもったいない、才能ある女性です。

彼女が一代で会社を立ち上げるまでには、大層な努力があるからこそ。

 

しかしそうなると、家に入れない分、家事を行ってくれる”主夫”が必要になります。

お互いの同意があって”主夫”になるのもいいですが、ジェールズくらい稼いでいるなら、家政婦を雇ってもいいのではと思ってしまいました。

また、私の周りは、近場のバーバ・ジージに預けていますので、いろいろな方法があるかと。家庭に入るにしろ、仕事を続けるにしろ、自分が輝く場があるママは素直にかっこいいと思います。

 

 

気になった英語

women under 40 who sleep less than six hours a night. It seems like they'er 38% more likely to experience major weight gain compared to women who slept seven hours a night.

 睡眠が6時間を切る40歳以下の女性は体重が増える率が38%も高いの。

7時間睡眠の女性よりね。