読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家族の形とは。を考えさせる。『チョコレートドーナッツ』

洋画

様々な愛の形を教えてくれる映画でした。

見終った後に、ふっと涙腺が緩んでしまいました。

予想外の終わり方でした。

あらすじ

1979年のカリフォルニア。歌手を夢見ながら、ショーパブでパフォーマーとして日銭を稼ぎ暮らすルディは、客として訪れた検事局のポールと心を通わせ合い、交際を始める。そんな折、ルディはアパートの隣の部屋に住むダウン症の少年マルコが、危険薬物を所持し逮捕された母親のために、施設へと隔離された事実を知る。繰り返されるマルコの脱走に心を痛めたルディは、ポールを説き伏せてマルコを引き取りともに暮らそうと提案する。同性愛の恋人同士であることを伏せ、法的手続きによりマルコの監護者となった二人は、本当の両親のようにマルコに愛情を注ぎ、三人で幸せな日々を送る。だが周りの反応は冷淡であり、彼らをパーティに招いたポールの上司との衝突で事態は一気に悪化し、ふたりはマルコの養育者と認められず裁判沙汰となる。弁護士の奮闘もむなしく、ルディとポールはマルコとの関係を引き裂かれる。そしてふたたびの脱走を試みたマルコが放浪のあげく悲惨な運命をたどったことをルディは知る。歌手として認められたルディは、愛する者たちとのつながりを引き裂かれた怒りと悲しみとをマイクに叩きつけてゆく。

チョコレートドーナツ - Wikipedia

 

感想

何とも歯がゆい結果でした。家族とは何なのか、血縁関係だけが家族と言えるのか。

実話をもとに作られているだけあり、考えさせられる映画でした。

 

ゲイへの社会的な差別が色濃くて、映画中では ゲイとゆうだけで、子供へ悪影響だとかレッテル貼られちゃって。

 

今年の6月、アメリカでは同性婚が認められ、ゲイの虹色のフラッグが掲げられたのがついこの間のこと。 それほどゲイの人が多いから。

 

映画に戻って、 家族の形は、個人の幸せにの形にイコールになるのが一番良いのかなぁと思いました。 最後の終わり方が意外なだけに。